友人とのお金の貸し借りとは

友人間でのお金の貸し借りというのは、トラブルの元だと一般的に思われているようですが、しっかりとルールを決めれば、トラブルを回避する事が出来ます。まず、なぜトラブルになるのかというと、借りる・返すという当たり前の事がなされないからです。

例えばそれが数百円の話であれば諦めもつきますが、万単位になると、いつ返してくれるのかというのは、普通であれば気になります。何ヶ月たっても返してくれない、ひょっとして返す気がないのではないか、忘れているのではないかと、あらぬ事まで考え、いらつき、トラブルになるのです。しかしそれで友情にヒビが入るのは非常にもったいないと私は考えます。解決策は2つで、貸し借りをしない、あげるつもりで貸す、です。

私は友人とお金の貸し借りをしますが、一番信頼できる友人とだけです。そして返ってこなくても仕方ないと考えて、貸していますが、自分が借りたお金は、何があっても返す気で借ります。友人も同じ事を考えてくれているようで、2人の金銭の貸し借りで、トラブルが起こったことは一度たりとてありません。結局はお互いの気構えが大切であるという事です。

また、数度にわたり貸し借りをしてしまうと忘れてしまい、ないがしろにしてしまうので、極力貸し借りはしないようにしているというのも、ひとつのコツです。